相続 遺留分なび|遺留分にまつわる様々な情報をご説明します

相続の遺留分について知ろう

相続 遺留分なびでは

「相続 遺留分なび」にお越し下さりありがとうございます。
相続の中でも、遺留分について、分かりやすくご説明させていただきます。
遺留分という言葉を初めて聞く人もいるのではないでしょうか。
相続って意外と身近です。
遺留分について知っておいても損はないと思います。
逆に知っていて良かったって思う事の方が多いでしょう。

今、相続・遺留分に関して詳しく知りたい方は是非、参考になさってください。

遺留分について詳しく知りたい

遺留分は、相続に関する言葉です。
遺留分について、知らないとかなり損をするといっても過言ではありません。

相続に関する事って、実際経験している人が少ない分良く分からないですよね。
しかも、法律も関与してきますし複雑です。
ですが、相続に関して知っておく必要性というのは高いのです。
滅多にある事ではないけれど、相続は誰にでも起き、そして、急に死が訪れることだってありますから、早いうちから相続に関して考えておくべきではないでしょうか。

相続は、お金が関わる事なので、時に問題が起きたりもします。
良く耳にするのが、「相続争い」と言われるものです。
そういった事を未然に防ぐという意味でも、生前に「遺言書」を作成される方が増えています。
遺言は、何を書いてもいいですし、他よりも優先される程、強い力があります。
効力を持つものであれば、遺言の内容によって配分が変わってくるので、相続人などにとっては見過ごせない大事な存在です。
相続争いを未然に防ぐために作成する事の多い遺言ですが、その内容によっては、別の問題が発生します。

それは、相続人以外の人や団体に財産を全て相続させるといった時です。
それだと、残された相続人である家族は大変です。

ですので、そういった場合の時には、民法で「遺留分」という財産の一部は相続できる制度があるのです。


このページの先頭に戻る
相続 遺留分なび
第3者に全財産相続させる遺言
遺留分の権利を主張するには
遺留分でどれだけ相続できる?
相続で遺留分がいらない時
遺留分の注意点