遺留分でどれだけ相続できる?|相続の遺留分について知ろう

遺留分でどれだけ相続できる?

一般的な相続の配分

遺言がない場合、以下のような順位と配分となります。

第1順位 配偶者1/2+直系卑属1/2
まず、残された相続人に配偶者と直系卑属(子供)がいたら優先順位が1番目になります。
配偶者(妻)のおなかに子供がいれば、その子も相続人となります。
被相続人よりも子供が先に亡くなっていた場合、その子(孫)が代襲相続で相続する事になります。
愛人との子供(非嫡出子)は、直系の子供(嫡出子)の1/2の相続権があります。

例えば、被相続人A 配偶者B 子供CD 非嫡出子Eがいたとします。
被相続人Aが6000万円残して亡くなった場合、配偶者Bには1/2の3000万円。
非嫡出子Eがいなければ、子供CDで1/2の3000万円を2人でわける事になるのですが、非嫡出子Eは子供CDの1/2の相続となりますので、この場合子供CDは1200万円づつで、非嫡出子Eは600万円となります。

第2順位  配偶者2/3+直系尊属1/3
被相続人に直系卑属(子や孫)がいない場合
配偶者と直系尊属(父・母、祖父母など)
が相続人になります。

第3順位  配偶者3/4+兄弟姉妹1/4
更に、直系卑属も直系尊属もいない場合
配偶者と被相続人の兄弟姉妹
が相続人になります。

子・孫・父・母・祖父母・兄弟姉妹がいなく、配偶者だけが相続人の場合、配偶者が全財産受け継ぐことになります。

遺留分の配分

遺留分の場合、2つに分かれます。

①相続人が以下の場合、遺留分は全財産の1/2となります。
●直系卑属だけの場合 
●配偶者だけの場合   
●直系卑属と配偶者の場合 
●直系尊属と配偶者の場合

②直系尊属だけが相続人の場合、遺留分は全財産の1/3となります。

例えば、被相続人A 配偶者B 子供CD 非嫡出子Eがいたとします。
被相続人が残した6000万円の財産を非嫡出子Eに全額相続させると遺言書に書かれていた場合の遺留分ですが、これは、①の直系卑属と配偶者の場合になるので、遺留分は全財産の1/2となります。
ですので、3000万円は配偶者Bと子供CDが取り戻す権利があります。
そこから、先ほどの一般的な相続の配分のパターンに入れて配分すると、配偶者Bは1/2の1500万円。
子供CDは残りの1500万円を2人で分けるので、1人750万円づつとなります。


このページの先頭に戻る