遺留分の注意点|相続の遺留分について知ろう

遺留分の注意点

遺留分の権利を主張しなくては1円も受け取れない

遺留分はただ何もしないでいては、放棄とみなされます。
自動的に遺留分が行使されるわけではないからです。
権利を自ら主張しなくては、財産を取り戻す事は出来ないのです。
全財産を寄付すると書かれている遺言書があるとしたら、遺留分の権利を主張しないと1円も受け取れないのです。

時効消滅したら1円も受け取れない

実は、遺留分減殺請求権には時効があるのです。
ん?時効?
いつでもできるんじゃないの?と思われている人も多いと思います。
悲しみにくれて後で後でなんて言って、忘れてしまって時効となり1円も受け取れないなんてことになるかもしれません。

ちなみに時効は以下のようになっています。
相続人が相続開始・減殺すべき相続があったことを知ったときから1年以内に請求を行わない時に時効消滅します。
知らなかったとしても、被相続人が亡くなった日(相続開始)から10年経過した時にも時効消滅します。

知らなかったというのは、海外にいて連絡が付かなかったとか疎遠になっていたというケースです。
大体の場合は、1年以内で消滅するケースになると思います。
1年ってあっという間です。
注意しましょう。

意志表示は内容証明郵便で送ろう

遺留分は権利を主張する必要がありますが、口頭だと何かと問題が起こる事もあります。
言った言わないという事態が起こる危険性がある為です。
そういった事を防ぐ意味でも、書式で送るようにしましょう。
それも、証明が残る「内容証明郵便」が良いでしょう。
「誰が、いつ、誰に、どんな内容」という事を郵便局が公的に証明してくれるのです。
その時に確実に届いたかどうかや送った事も届いたことにも証明になる配達証明にも入っておきましょう。

相手側が応じてくれない事も

遺留分は、財産を受け取る人から取り戻すという言葉を使いました。
ですので、その取り戻しに相手側が応じてくれない事が多いと言われています。
出来るだけもめたくはありませんが、どうしても相手側が応じてくれない場合、家庭裁判所で調停・審判になります。
そうなったときには、費用はかかりますが弁護士などの専門家に相談する事をお勧めします。


このページの先頭に戻る